Information

ブログ

帯広市内のウィークリー&マンスリーマンションの話

メインイメージ

帯広市内あるウィークリーマンション&マンスリーマンションについてですが。。。
少し紹介を兼ねて書いてみたいと思います。実際に使った経験ある方、いらっしゃるでしょうか。。おそらく、まだ、使ったことがないという方の方が多いのではないかと思いますが、どうでしょうか?
で、そのウィークリー&マンスリーマンションについてですが、この私も実は、マンスリーマンションの運営をしているにもかかわらず、実際使ったのは、ごく最近でした。先月の福井の出張の時に、自社のマンスリーマンションを初めて使わせていただきました。。なかなかいいもんだなぁと実感しました。
どこが。。。
まず、広いってこと。ホテルに比べると、台所なんかもついているので、倍以上の専有面積のなると思います。
次に、日常生活のように利用できるという感覚がいい。
あたかも、自分の家にいるような感じです。友達が来て、一杯宅飲みをするとか、そのまま泊って行ってもらうとか、ホテルにはない良さがあります。椅子もあるので、ベットに座ってテレビを見るというホテルスタイルとは異なります。。
まぁまぁそんな良さを感じるのがウィークリー&マンスリーマンションです。
で、そのマンスリーマンション。定義なんてあるのかなぁと思い、ちょっとグーグルで調べてみました。出ていた説明の受け売りですが、以下のように説明されておりました(わかりやすいようにアレンジしていますが。。)。
マンスリーマンション:1ヶ月単位で賃借で住むことを条件としたアパート・マンションをいいます。普通の賃貸契約は、2年契約ですが、マンスリーマンションの契約は、1ヶ月単位になります。
マンスリーマンションの大きな特徴。1つに、家具家電が部屋についていることが挙げられます。引っ越しをする必要がなくなります。便利です。とっても。。
で、具体的に次のようなものがついています。
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、電子レンジ、DVD、エアコンなどの家電類。椅子、ソファ、テーブル、テレビ台、ベット、収納家具などの家具類。シャンプーやタオルなど備え付けになっています。
費用ですが、マンスリーマンションの入居費用はとても安く、普通のアパート・マンションの入居時費用の半分以下です(敷金・礼金・仲介手数料などがかかりません)。また、共益費や管理費もかかりません。賃貸物件にかかる24時間管理料などもありません。
光熱費も賃料に含まれているのでかかりませんが、冬の期間(11月~3月)は、光熱費の追加分1日500円別途かかるようになっています。
契約は、マンスリーマンションに重要事項説明がなりません。また、退去時は、退去立ち合いもありません。退去費用でトラブルになることはほぼないです。とってもシンプルです。
長期の出張やご旅行などに、使い方によっては、快適で財布にやさしいマンスリーマンションライフをお楽しみできます。最近は、東京方面から、定年で退職された方が、長期間、このマンスリマンションを利用して帯広の生活を楽しまれています。十勝の温泉巡り、近郊のゴルフ場でのゴルフ三昧、地元の食を楽しむ。。そんな使い方もできるのが、マンスリーマンションの良さです。